2012.10.29

旅行用の小型カメラの選択検討

普段使いはEOS-5D(2005年10月発売、11月購入 当時で35万円))で、もう既に3代目の5DMK3が発売されています。AF測距点やスピードの進化は素晴らしく、買い換えるのならば5DMK3(28万円)ですね。
EOS-6D(18万円)も発表されましたが、私の求めるAF機能では有りませんので、候補にはならず、5DMK3の購入資金が貯まるまで待つしかないようです。
ニコン D600(18万円)はEOS-6Dよりも機能的に魅力があり、レンズを含めて乗り換えも有りかも知れません。

ここら辺は、思案中で、それ程急ぐつもりも無く、最近は旅行用に気軽に使えるカメラが欲しいと思っています。
マイクロフォーサーズ(オリンパス・パナソニック)、APS-Cミラーレス(ソニー・フジ・キヤノン)と1インチ画像素子のニコンと選択肢は多いのですが、どれも帯に長し襷に短しと言う状態です。
レンズの豊富さから考えるとマイクロフォーサーズを考えたいのですが、このレンズを考えた場合に、ボディー内手ぶれ補正が欲しくなりますので、自動的にオリンパスとなりますが、OM-D EM-5以外はファインダーを内蔵していませんので、悩みます。

APS-Cミラーレスは、各社レンズの互換性は無くて、魅力的なレンズが有りません。この中ではフジのX-E1(11.5万円)が良さそうな感じです。
ニコン 1 V2(8万円)は、全く独自の世界ですが、動画撮影時にフルサイズの静止画が取り込める?機能は、蒸気機関車などの動きものを撮影している私には、非常に魅力的な機能です。
又、ハイブリッドAFでミラーレスとしてはトップのAF機能を持っていると思われます。
残念なのはレンズのラインナップが無いに等しい状態と、現在のレンズはMFがダイヤル操作と言う事で、MFで動きものを撮れないだろうということです。
ハイブリッドAFは、明るいところで位相差、暗いところでコントラスト測距に自動的に切り替わるのですが、暗いところでのコントラスト測距は弱いというのが定説ですから、MFの自由度が欲しいですね。AF補助光の機能を持っているのですから、暗いところでも補助光が届く範囲では、位相差AFになっているのでしょうか?
詳細のスペックが楽しみです。

と言う事で、候補は
1;NIKON 1 V2
レンズはNIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6(1.9万円)NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6 (2.4万円)、余裕があれば レンズアダプター FT1(2万円)に、AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED (2万円)なんかを付けるとすごそうだ(FT1の場合測距点は中央1点のみのようだ) 

2;オリンパス OM-D EM-5(9万円) 又は PEN Lite E-PL5 (6.2万円)+外付けファインダー(2万円)
レンズはLUMIX G VARIO 14-45mm (2.7万円)+LUMIX G VARIO 45-200mm (3.4万円)・・・余裕があればフォクトレンダー NOKTON 17.5mm F0.95 (10万円)なんか使ってみたいですよね。

未だ検討中ですが、メモがわりにしました。

| | コメント (0)

2012.10.24

ニコン Nikon 1 V2の発表

Product_02
Nikon 1 V2が11月発売予定で発表されました。Nikon 1 J2の発表の際は、Nikon 1のシリーズはコンパクトのステップアップに集中するのか?と懸念したのですが、V2はV1から大きく進化したコンパクトミラーレスとなっています。
ニコンCXフォーマット(13.2×8.8mm)で1425万画素 予想価格はボディのみで9万円前後。カラーはブラックとホワイトの2色。標準ズームキット(1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6付き)が10万円程度。

EOS Mと標準ズームレンズ「EF-M18-55 IS STMのキットモデルが約7万円ですので、価格的にはEOS-Mより高価ですが、
V2は、液晶ファインダー内蔵で高速AF、73点の撮像面位相差AFと135点のコントラストAFを備えた新開発の「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」を搭載し、高速性/高精度なAFを実現している点は、AF性能からミラーレスを選択肢に入れていなかった私も、興味をそそられます。
動画撮影中に高画質で静止画撮影ができることも、是非とも見てみたいスペックです。

気になるのは小さいセンサーでISO6400までで、どの様な高感度画質か?とレンズが少ないことです(特に広角側の明るいズームと単焦点)。望遠側はマウントアダプター FT1とDXレンズが上手く使えるかも知れません。
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR IIでは49mm~540mm相当の超望遠レンズが出来上がるのでしょうか?!

| | コメント (0)

2012.09.28

D600/5D MK3/X100 RAW 比較画像

おなじみのDpreviewで比較がしやすいデータが提供されました。どれもRAW ISO3200の比較です。

先ずはEOS 5DMK3(左 2230万画素)とD600(右 2426万画素)
どちらもフルサイズで画素数の差も少ない。ノイズの出方も大差が無く、安心してISO3200を使えるレベルです。
Ws000010

次にAPS-CのフジXーPro1(左 1630万画素) D600(右 2426万画素)は87%表示にして、ほぼ同じノイズと言うのが驚き。ローバスレスのX-Trans CMOSの実力発揮という処でしょうか?同様のセンサーを持つ新モデルのX-E1も同様の実力があると思われます。
Ws000013

参考にD600(左 2426万画素)は80%表示にして、D7000(右 1620万画素)のノイズが目立ちます。
この比較で見ると、フジの優秀さが目立ち、画素サイズや画素数でない部分でノイズは克服できる事を示していると考えられ、逆にAPS-Cでも高感度性能が高いものが作れると言う事になりませんか?
Ws000012

残念ながらミラーレス機はAF速度の関係で私の選択肢には未だ入らないと思いますが、D7000や7Dの後継機が画素数だけを追わずに、良いAPS-Cのトップモデルが出来ても良いのではと思いますね。静物であれば、X-E1にEBCフジノンの単焦点レンズを付けて楽しみたいな、と思わせます。

| | コメント (0)

2012.09.17

キヤノン EOS 6D 廉価フルサイズ発表されました

6d
Canon EOS 6D Canon EOS 5D Mark III Nikon D600の主要スペック比較は:
Dpreviewのサイトが分かり易い(真ん中辺)

価格はD600が発表された後の後出しじゃんけんで、同じ21万円のようだ。カメラの性能としては、AF測距点を時代錯誤の11点まで減少させ、100%ファインダーでもなく、内蔵ストロボも付けなかったので、全く魅力を感じない。代わりにWi-FiとGPSを標準装備にしましたなんて、撮影する道具としてのカメラに求められる事を無視した考え方ですね。

APS-CのトップモデルD7000がフルサイズのD600になったようなニコンとは異なり、APS-Cからフルサイズにステップアップしやすくするために、廉価を実現するために6Dを安く作りましたというキヤノン。

5D Mark Ⅲの実勢価格は28万円、7万円の差は大きいけれども、ここまで妥協する??

| | コメント (0)

2012.09.13

ニコン D600 発表されました

Product_01_2

ほぼ噂通りのスペックで9月27日発売予定です。本体価格は約21万円と予想され、フルサイズとしては格安で、D7000(APS-Cのトップモデル)のフルサイズ版と言う事でしょう。D800/E程のの画素数が不要なユーザー向けで、D800/Eの売れ行きや価格下落に影響を及ぼさない、妥当な戦略ですね。
D7000のモデルチェンジを出さないで、フルサイズに行ったとすると、デジタルでニコンはAPS-Cに重点を置いていた方向性を大きく変えたのかも知れません。

ソニー、ニコンがフルサイズ、ペンタックスとフジの新モデルが発表される中で、キヤノンが沈黙しているのが不気味ですね。
フルサイズの廉価モデルとEOS 7Dのモデルチェンジは有りだと思ったのですが・・・・


| | コメント (0)

2012.09.12

ソニーフルサイズα99発表されました

Slta99v_parts_01
Slta99v_parts_02
書き尽くせないほどのスペック満載のα99です。

2430万画素に抑えたフルサイズは、他社のフルサイズトップモデルを見ても妥当です。高感度特性を考えてもここら辺でレベルを上げて欲しいから。
モアレ・偽色を抑制する多点分離光学ローパスフィルター:ローパスレス(フジタイプ)とどう違うのかわかりませんね。

クロスセンサーを11点配置した19点位相差AFセンサーに加え、イメージセンサー上に位相差AFセンサーを埋めこんだ102点像面位相差センサーを採用:AFの精度、速度にどれだけのメリットが有るのか不明です。又、画像素子に位相差AFセンサーを入れた時の画像への悪影響は無いのでしょうか?

約235万ドットの高精細な「XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」搭載:フルサイズに液晶ファインダーを持ってくるとは大胆ですね。どれだけ光学ファインダーとの時間差を縮めたのでしょうか?ゼロというわけには行かないので、心配が残ります。
フルサイズであれば光学ファインダーの大きさは十分ですし、トランスルーセントミラーからの光を光学ファインダーに導いたほうが妥当に思ってしまいます。透過光の関係で暗くなるのが我慢できるかどうかはありますが。
今回の発表でもタイムラグについては言及されていません。

防塵防滴仕様ながら、軽量化に成功しているのは立派だと思います。

オリンピックには間に合いませんでしたが、ニコン D4、キヤノン 1DXに負けずとも劣らないフラッグシップフルサイズが出てきたと言う感じです。

予想価格は本体30万円、2012年10月26日発売予定です。プロカメラマンのレポートが楽しみです。

| | コメント (0)

2012.08.20

EOS 7D MK2の噂 期待と懸念

Canon EOS 7D Mark 2 Rumours for the EOS 7D replacement
2009年10月にキヤノンAPS-Cのトップモデルとして登場してから、3年が経過しようとしています。今年8月にはファームウェアのアップデートが有りましたが、1DX、5D MK3が投入され、トップモデルとしてはこのテクノロジーを使った刷新が待ち望まれています。

噂の記事では、AF測距点は1DX,5D MK3の61点測距でAPS-Cのほとんどのエリアをカバーすることになるでしょう。24百万画素でKISS X6にも採用した位相差AF素子の組み込みのセンサー、と言うことだが、これは動画AFのためなら無くても良いのではないか?7Dはあくまでも静止画の能力が最大限に発揮できるモデルとして割り切るべき。
同様に、24百万画素では余程上手く作らないと高感度特性が良くないのは、α77、D3200で経験しているし、7D のRAW連続25コマは魅力で、画素数を追ってこれらを犠牲にしないで欲しい。

絶対に採用して欲しいのが、静音モードの装備で、これは静かな場所で使えるようにしたい為です。
又、望遠側はEF Lレンズに任せれば良いのですが、広角側でEF-S 15mm(24mm相当)f2.8 、17mm(27mm相当)f2.8.22mm (35mm相当) f2.0、 31mm(50mm相当)f1.4の単焦点やLレンズ並みの EF-S 17-35mm IS f 2.8-4 (27mm-56mm相当)ズームを用意して欲しい。これはEOS Mへのレンズ選択メリットにも通じる。

APS-Cの泣き所はファインダー像が小さいことで、ペンタプリズムや接眼レンズの設計でフルサイズ並に見ることが出来れば、メリットは高いのですがキヤノンの技術で何とかならないですかね。

61点をフルに使うために、視線入力機能を追加したら、私は絶対に購入します。

ニコンD600の噂に対して、EOS 7D MK2で対抗するのはリーズナブルだと思いますよ。

| | コメント (0)

2012.08.09

「Nikon 1 J2」を発表 EOS M へのニコン対応?

ニコン、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1 J2」を発表
Nc
GANREFの記事では両者がニューモデルとして並ぶ状態。
発売日は9月としてあり、ほぼEOS Mと同時になるでしょう。

ニコン1は1型(35ミリ換算2.7倍)センサーで1015万画素で、EOS MはAPS-Cセンサーで1800万画素で、全く比較対象にならない、と思う方もおられるでしょうが、どちらもコンパクトカメラからのレンズ交換式ミラーレスへのステップアップの受け皿と考える事もできます。

ニコンはファインダー内蔵のV1、ファインダー無しのJ1を2012年1月に初のミラーレスとして発売し、キヤノンに先行しました。
キヤノンのミラーレスがEOS Mとして発表され、このJ2がカラーバリエーションと新レンズとともに発表された点は、ニコンがキヤノンに被せた格好になっています。本体価格は6万円程度で、EOS Mよりも1万円程度安いと見られ、レンズのラインナップを含めて、キヤノンのミラーレスをブランド力だけで売らせないぞ・・・って感じですかね。

| | コメント (0)

2012.08.03

ニコンD600 噂、まだ信憑性は低いか?

focusmediaにイタリアの販売店の広告にD600が表示されていると言う。
まあ、不鮮明なチラシで、上のチラシのD600の写真はD800にレンズを付けて誤魔化している感じだ。上の表示のPREVENDIA(イタリア語)と言うのは予約販売という意味である。
表示されているURLにアクセスしてもD600は登場しない。
下のチラシのD600らしき画像は殆ど見えないし、同様にURLへ行ってもD600は登場しない。

これが1枚限りのお遊びのチラシかどうかは誰にも分からないが、現在の情報で予約販売するだろうか?疑問が残る。

6月26日に掲載された外観は如何にもD600と思わせる。この画像からはフォトキナに合わせて9月末に発表されてもおかしくないと思わせるが、乞うご期待なのでしょう。ともかくニコンからフルサイズ普及版が投入されるのは間違いがないと見て良いでしょう。

ニコンD600噂 普及フルサイズからのコメントは変わりません。

| | コメント (0)

2012.08.02

EOSのAFスピード比較テスト

.lensrentals.comに1DsIII, 5D II, 50D, 7D, 1D IV, 60D, T3i(KISS X5), 1Dx, 5D III, T4i (KISS X6i)の比較が掲載されています。
Sensors
おどろくべきところは5D MK3と1DXが17と最速で、5D MK2の倍以上の精度で、ばらつきも少ない。61測距点のメリットを最大限使える。
意外だったのはAPS-Cのトップモデルといっている7Dが41で、KISS X5と同じということです。KISS X6iは29と改善されているので、最新技術が織り込まれているのでしょう。7Dは早急にモデルチェンジが必要ですね。

ミラーレス機では一眼レフ並みのAF速度との宣伝文句が増えてきましたが、このような比較テストを見たことがない。これはミラーレスの評価が下がってしまうのを避けたいという意志ではないかと勘ぐりたくなりますね。
この比較にEOS Mを入れて欲しいですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧