« EOS 7D発表 APS-Cのプロ機として売れるか? | トップページ | EOS 7D 高感度サンプル »

2009.09.02

パナソニック ルミックス DMC-GF1 発表

Gf1
これはマイクロフォーサーズシステムでオリンパスE-P1(12万円)と同クラスのコンパクトデジタル一眼である。
パナソニックは先行していたG1、GH1(9万5千円)に加えて、E-P1同様ファインダーを省いて285gとし、E-P1の335gよりも小型軽量にした。ちなみにGH1は385gである。
価格は7万円程度と安く抑えられている。
7

但し、動画も撮れるコンデジTZ7は25-300mm相当のズームレンズを付けて206gで3万7千円である。コンデジとコンパクトデジタル一眼を比較するのはナンセンスかもしれないが、コントラストAFを使い、ファインダーが無い点では、ユーザーから見れば違いが分かりにくい。逆にこのマイクロフォーサーズデジタル一眼は、女性層を中心にファッション的な要素が大きくなっているのではないだろうか?

画質云々の前に、次の点で私は食指が動かない:
①コントラストAF=AF速度が遅い事
②EVFでも素通しでも良いからファインダーは欲しい=三脚を使って静止画を撮影するのでなければ、動きものを追うのにLCDでは、被写体との軸の関係で撮影しにくい
③もうデジタル一眼レフは、手ぶれ補正レンズだけでなくボディ内手ぶれ補正の持つべきだ=レンズが自由に選択できる E-P1はボディ内、GF1はレンズ内で違いがあり、今までこれを両立させているカメラメーカーが無いのが不思議だ。

E-P1とGF1の今後は、大きなモデルチェンジの必要性もなく、長く安定して売れて行くのかも知れない。


|

« EOS 7D発表 APS-Cのプロ機として売れるか? | トップページ | EOS 7D 高感度サンプル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。