2017.04.26

Yahooサイトはもう見たくない

昨年9月にマイヤフーが停止されて、自分の欲しい情報にカスタマイズできなくなったのが不便と思っていましたが、まあ、多くのサイトが同じような方針になったので仕方がないか、と思っていました。
その後はヤフーのトップページを最初に開く設定に変更しました。
Yahoo
その後、ヤフーのサイトの両側に煩い広告が大きく表示されるようになり、最近では動画ニュースが勝手に流れて、非表示にも出来ない。
広告や動画配信で利益を得て、無料のサイトを提供してくれるのは分かるが、これは行き過ぎ。別に見たくもない動画をプッシュ表示して、ネットの速度やパケットに影響されたくない。
私はグーグルニュースを最初に開くページに変更しました。
こうやってヤフーにアクセスするユーザーが減少して行くとしたら、自分の首を絞めていることに気が付いた方が良いでしょう。


| | コメント (0)

2017.04.22

ソニーα9はDSLRを超えたか?

A9_2
出ましたね!主なスペックはこちら

ミラーレスでありながら、ファインダー、AFはDSLRと肩を並べ、連写や高感度性能はDSLRを超えたのではと思わせるスペックが満載です。ボディ価格50万円は高い部類には入りますが、欲しい人が多くいそうな魅力があります。
ファインダー、AFについては実写レポートを見ないと本当にミラーレスでも使えるるのかは分かりません。特に693の測距点は凄いですが、どうやって選択するのか?背面液晶がタッチパネルになっていてAFのポイントを選択できるようですが、この液晶は上下スイング式ですから、ファインダーを覗きながらタッチはやり難いでしょう。ジョグダイヤルではこの数の選択は大変でしょうし、タッチパネルがフル可動だとしても、レンズを左手で支えていますから、タッチAFをするとなると右手でボディーとレンズを支える事になります。
こんな時にキヤノンが採用を止めてしまった視線入力選択が有れば、鬼に金棒なんでしょうけど。
視線入力も約25年前に製品化された技術で、現在の技術なら当時の問題点もかなり改善される期待があるのですがねぇ。

| | コメント (0)

2017.04.09

SONY VAIO DUO11
購入後5年たって2つの問題が。
1つは液晶画面、左下から水が侵入してきたようなムラが発生。横縞はスマホでの撮影で流れているだけです。
家でも会社でも多くのノートパソコンを使ってきましたが、この症状は初めてです。液晶が割れているのではなく、画面を押してもガラス面はしっかりしていてへっこんだりする訳でもありません。この色のおかしい部分をタッチしてもちゃんとタッチパネルは反応します。
Img_20170409_163142

もう1つは、電源をコンセント側もしくはPC側を抜くとシャットダウンするようになりました。
電源を抜くと自動にシャットダウンしてしまう
を読んで、殆ど電源コードを差しっぱなしでしたので、バッテリーの寿命かとも思ったのですが、これも他のノートPCで全く経験したことが無い現象でした。
バイオはVAIOの設定ソフトが入っており、電源・バッテリーでいたわり充電モード80%、50%が選択できるとともに、充電能力についての表示は「良好」と表示されるので、これは別の理由と思い、Windowsの電源コントロールで、電源ボタンを押した時の動作をスリープから何もしないに変更したところ、電源を抜いてもバッテリーで作動が維持されました。
どれにも当てはまる訳では無いでしょうが、試してみる価値はあるでしょう。

| | コメント (0)

2017.03.25

プリウス買いました

2004年7月購入 12年間乗っていたカルディナ 色はパールホワイト
Cardina
からプリウス(50型と言うらしい)に買い替え 色はスティールブロンドメタリック グレードはA
Prius

カルディナ(1800CC)は特に不具合も無く、平均燃費は11.2kM/リッター、高速では約14キロ、通勤では約10キロ、大体年間走行距離は700キロ程度で少ない方だと思う。
買い替えの理由は、60歳を過ぎてあと10年以上乗ると仮定した場合に、安全装置の充実と、長距離ドライブを楽にするオートドライブにしたかった為です。
燃費の良いハイブリッド車でなければと言う要望はそれほど強くありませんでしたが、今ならハイブリッドかな?と言う感じで決めました。
SにトヨタセーフティーセンスPを付けた特別仕様車でも良いかと思ったのですが、AでないとBSM(ブランドスポットモニター)が付かないので、Aにした。BSMも安全装置の一つと考えて変な差別化をしているのには疑問が残りましたが。

ホイールベースはカルディナと全く同じ、最小回転半径は0.3M短いのですが、何度も90°交差点では大回りになってしまいました。これは多分、重量が130キロ重いのでそのバランスの違い及び低速時にモーター駆動が加わる事でスピードが上がってしまい易いと言う挙動に慣れていないせいだと思われます。

燃費は通勤8.3KMのj距離で、ノーマルで18.7、エコで20.1、パワーで19.5リッター/KMと言う結果が出ましたが、ばらつきはかなりあります。これは通勤路では信号が少なく、渋滞も無いので、ほぼ同じ速度条件で走行できるのですが、途中で遅い車の後ろに付いて低速走行時間が長くなると、燃費が良くなる感じです。
もっと距離が長くなれば差が大きくなると思われます。

エコモード
Eco

ノーマルモード
Normal

パワーモード
Power


会社から帰りに病院によって帰宅した際のデータで12.6KMを35.9リッター/KMと良い数字がでました。病院から下り坂が多く、途中バイパス道路も通るのでこのような燃費になったのでしょう。ついでに信号の少ない一般道とバイパスででオートドライブを試しました。時速50キロにセットし、前の車が減速して車間が少なくなりますと、自動減速し、この時は時速30キロまで落ちた後、前の車が速度を上げたのに対応して時速50キロまで戻りました。加減速も非常にスムーズです。
Byouin

遮音性も素晴らしく、カルディナも静かな方だったと思いますがその分高速ではタイヤ接地ロードノイズが気になったのですが、全く気になりません。モーター音は回生ブレーキ時を含めて高周波数の音ですが煩いと言う感じは無く、エンジンは低周波数でこちらの方が気になりますが、速度上昇と共に大きな音になっていくと言う事はありません。

現時点では全く問題ないと言えるでしょう。高速道路を使た場合のレポートはその時にします。

| | コメント (0)

2017.03.02

カメラ市場、ニコン赤字、新モデル中止の衝撃

ニコン、希望退職に1143人応募 想定上回る (2/13)
ニコン、最終赤字90億円に拡大 17年3月期 (2/13)
ニコン、高性能デジカメの発売断念 収益を重視 (2/13)
とニコンの悪いニュースが続く中でキヤノンは
キヤノンの17年12月期、純利益13%増 新規事業がけん引 (1/31)
キヤノン、入門者向け新型ミラーレスカメラ (2/15)
と大きく明暗を分けた。
特にニコンは創立100周年に節目に厳しい状態に立った。まあ、企業の栄枯盛衰の中で100年順風満帆の会社も無いのだから、仕方がないところもあるが。
事業の多角化を別にして、カメラ市場で考えた場合、ニコンはそのブランドに胡坐をかき過ぎた。
AFへの移行、フルサイズデジタルへの以降はキヤノンの後追い。それでも買ってくれる人がいたから、好きが生じた。ユーザーのニーズ把握と商品化及びコスト競争力が劣っていたのが、今効いてきている。
これからは、先ずはプロ仕様のカメラ、レンズへの集中投資で、プロがニコンを使っていても何の心配もない事を示す必要がある。プロが躊躇し始めたら、それはすべてのユーザーのニコン離れを引き起こす。

カメラは趣味製品であるから、ブランド力よりも如何に自分の撮影のニーズに合ったカメラ・レンズが手に入るかが重要で、その為にはメーカを変えることも十分ある。また、エントリーのコンシュマー向けはキットで10万円のデジタルカメラで有れば、ブランドも機能も重視されない。価格と手に取って試せる店にどれだけ多く置くかが勝負になる。だから、ニコンはもうこのエントリーで勝負して体力を消耗させてはいけない。

今で言えばD5とD500をベースに育てて行くモデルである。加えてその系統のハイアマチュアモデル(D810とD7200)で十分だ。
ミラーレスの噂も聞こえるが、やるならばキヤノンはもとより、その他のミラーレス群の後追いでは無く、D5、D500のミラーレス版で差別化を図る必要がある。また、一般的にはミラーレスはレンズ群を新規整備する必要が有るが、これを現行のレンズで使えるように考えないと、更なる別投資は大きな負担になるだろう。


| | コメント (0)

«JR北海道の運営は将来の観光資源を考えるべき